ビジネスパーソンには重要 ”口臭改善・健康改善”にもつながるクリーニング・ホワイトニング

ホワイトエッセンス

人と打ち合わせをすることが多いビジネスパーソン

社内での他の部署、取引先やビジネスパートナーとの打ち合わせ、また、人前で話すことが多い説明会、講演、セミナーなどを行う人などは相手に不快感を与えないように”口臭”を気を付けることが重要になってきます。

くわえてクリーニングやホワイトニングで歯を白く・きれいにしておくことも印象をよくすることにつながります。

ここでは、クリーニング・ホワイトニングを行うことが”口臭改善”にもつながり、さらには健康改善にもつながる”一石三鳥”のメリットについて説明していきたいと思います。

口臭改善は健康改善にもつながる

口臭の原因は8割が口の中の問題(むし歯、歯周病、舌苔(ぜったい))

口臭の原因は口の中の原因が8割といわれています。その主な原因は

・むし歯による
・歯周病による
・舌苔による

ものです。

むし歯はむし歯菌により歯のエナメル質がとけだし穴が開き、進行して歯の神経まで浸食されると痛みを伴います。

一旦、むし歯になるとその部分に菌のかたまりであるプラーク(歯こう)が溜まるようになり、その菌に含まれるむし歯菌などが腐った肉のような不快な臭い:”口臭”を発生させます。

歯周病は歯周病菌によって歯ぐきが炎症を起こし、出血・腫れ、進行すると歯をささえる骨の部分(歯槽骨といいます)も炎症をおこします。また、歯と歯ぐきの部分に溝ができてしまい、最後には歯が抜けてしまう病気です。

はじめは歯と歯ぐきの境い目(歯周ポケット)にプラークが溜まります。この状態の境い目(歯周ポケット)に歯周病菌が繁殖し、ガスを発生することで口臭のもととなります。

さらに進むと歯周病菌によって歯ぐきの炎症・出血がおき、さらに口臭がきつくなってきます。溝ができてそこで膿が発生するといっそう口臭はきつくなってきます。

舌苔は舌についた食べかすや古い細胞の垢に歯周病菌などが付着することで、”臭い”を発生させます。

その他の要因としては、体内の問題です。口臭が強い場合は、健康面でバランスが崩れている場合もあるので気を付ける必要があります。

口臭改善が健康にもつながる

・歯周病菌が増えると他の症状のリスクが高くなる

口の中の異常、特に歯周病菌が増えるとわたしたちの体は炎症をおこすことで菌でやられた箇所を体外に出そうとしたり、治そうとします。

風邪をひいたときに、のどが炎症を起こしタンがでたり、発熱したりするのは炎症反応です。

一方でこの炎症を起こす物質は、炎症をおこそうとすることで高血圧、心筋梗塞、脳梗塞などの動脈硬化に関するリスクを上げることがわかっています。

・歯周病と糖尿病はお互いのリスクがある

糖尿病があると免疫力が低下して歯周病になるリスクが、そして歯周病であると全身の炎症をおこし、この炎症がインスリンの機能を下げることで血糖値が上がりやすくなる。結果的に糖尿病のリスクをあげることになることもわかっています。

(引用:「日本人はなぜ臭いと言われるのか」

口臭を改善し、歯周病を起こさないことは健康面でも改善につながることになるのです。

口臭改善につながる歯のクリーニング

プラーク(歯垢(しこう))は菌のかたまり、これが歯にずっと残っていると歯石(しせき)となって、通常の歯磨きでは取れなくなります。

そして、この石のようにかたまった歯石は菌のかたまりなのでむし歯や歯周病を引き起こす菌も含み、むし歯や歯周病になってしまうことで口臭を発生させるきっかけになっています。

歯石自体も菌から発生する臭いが口臭の原因となります。

歯のクリーニングは歯磨きではとれない菌の温床となっている歯石を取り除き、口臭改善につなげます。
加えて、先に述べたように歯石を取り除くことは歯周病予防となります。

一例ですがホワイトニングをメインした審美歯科を全国190以上の医院で展開している”ホワイトエッセンス”のクリーニング(税抜き:8000円)では初めに以下のカウンセリングを行います

・口内のチェックによるむし歯、歯石などの確認
・位相差顕微鏡で見るためのプラーク採取
・唾液検査による歯周病の状態確認
・歯ぐきのプローブ検査による出欠確認
・位相差顕微鏡による歯周病菌の1つ「スピロヘーター」の有無確認

これだけのメニューを行い、現在のむし歯・歯周病の有無、今後の歯周病の発生リスクを確認していきます。

その後、実際のクリーニングでは次のような施術が行われます。

・ヤニ・茶渋とり
・歯石取り(スケーリング)
・フロッシング
・PMTC(歯面研磨)を2回 
・舌クリーニング
※PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング):歯科医院専用の器具をつかって歯面の研磨を行うもの

ホワイトエッセンスのクリーニングでは歯石はもちろんのこと、舌クリーニングの施術もあり口臭の原因となる歯石・舌苔を除去することでより大きい効果が得られます。

さらに、PMTCも行うことで歯表面の歯垢・歯石を除去により口臭改善、歯周病予防、歯表面がツルツルになり歯垢などの汚れをつきにくくする予防効果もあります。

一般歯科でも歯周病予防のための歯石取りを行えます。通常は歯周病治療の一環として行うので保険が適用となり、数千円程度で済みます。

ホワイトエッセンスのクリーニングはそれに比べると高価ですが、PMTCや舌クリーニングなどトータルで口臭改善や歯周病予防にさらに効果をもたらすメニューは値段にはかえられない価値があります。

ホワイトニングでは事前のクリーニングが有効

ホワイトニングでは薬剤をより効果的にするために、ホワイトニング前に歯のクリーニングを行う場合があります。

これは事前のカウンセリングで歯の状態を確認した時に、汚れ・歯石などがホワイトニングの効果に影響を及ぼすと考えられたときです。

別料金となりますが、クリーニングをすることで歯の表面の汚れや歯石をおとし、薬剤がしっかり歯の内部に届くようにします。

ホワイトニングを効果的に行うためにクリーニングし、間接的に口臭の改善、歯の健康を保つにも役立ちます。

ホワイトニングで得られた白さがその後の口臭予防にもなる

一度白くした歯、美容院いきたてのヘアスタイルをなるべくキープしたいのと同じように「歯の色も白さをキープしたい」、そう思うようになります。

歯をなるべく白く保つために日常のメンテナンスを大事にすることが習慣化され、口臭の原因になる歯石や歯垢がない歯を保つことで、結果的に口臭改善にもつながります。

ホワイトニングすることで歯に対する意識がかわり、口臭改善につながってくる、そんなよいサイクルができるようになってきます。

まとめ

ここでは「歯のクリーニングやホワイトニングが口臭改善、そして健康改善にもなる」ことをご説明しました。

こういった知識を知っていることはご自身だけでなく、お子さんのむし歯予防の大切さ、家族の健康を守ることにもつながってきます。

クリーニング・ホワイトニングなどの歯をケアすることで、よい印象と健康を得ることができる。そして、歯から家族の健康も大切にする。

仕事だけでない家族のこともしっかり守るビジネスパーソンとしてそんなことが必要ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました