忙しいビジネスマンにはホワイトエッセンスのオフィスホワイトニングがおススメ!その5つの理由は?

社会人 ホワイトニング ホワイトエッセンス

働き方改革と言っても、そのひずみで実は忙しくなっている30-40代の責任ある立場のビジネスマンの方

忙しくても身だしなみはしっかりしていきたい・・・顔の印象は肌の状態や歯の色で大きく変わります。

”歯が白い”だけで3~5歳若く見えるというアンケート結果もあります。

また、職種によっては海外の方と交渉したり、出張に行ったりする方も。
海外、特にアメリカでは”歯が白い”ことは髪の身だしなみと同じくらいケアがされており、印象をよくすることが大切です。

「ホワイトニングをしてみたいけど、時間はかけたくない(というか時間がとれない!)」

そんな方にはホワイトエッセンスの”オフィスホワイトニング”がおすすめです。その理由や効果、かかる費用などを説明していきます。

オフィスホワイトニングがおすすめ!5つの理由

理由① ”短期間で白くなる”

歯そのものを白くするホワイトニングは大きく2種類
”オフィスホワイトニング””ホームホワイトニング”があります。

オフィスホワイトニングは歯科医院で行うホワイトニングで、通常、使用する薬剤濃度が高く、ライトをあて薬剤が活性になることで1回あたりの効果が高まります。そのため、1回の来院でも白くすることができます。

一方、ホームホワイトニングは自宅で行うホワイトニングです。自宅で使う場合、薬剤濃度には制限があり低く抑えられているため、1回の効果は弱く希望の白さになるまでには2週間~数か月かけて行い期間がかかります。

”人前で話す機会があって、早く歯を白くしたい”と言った場合などは、オフィスホワイトニングで短期間で白くするにはオフィスホワイトニングは最適です。

理由② ”自分で行う手間が不要”


オフィスホワイトニングは歯科医院に行く必要はありますが、あとは歯科医師・歯科衛生士の方が施術を行うため、手間はかかりません。

ホームホワイトニングでははじめに自分専用のマウスピースを歯科医院で歯型をとって作り、その後は自宅で薬剤(ジェル)をマウスピースに塗布、歯に装着して行います。薬剤濃度が低いため、一般には毎日2時間2週間連続で実施します。

ホームホワイトニング中、飲食・喫煙以外のことはできますが、忙しい方には毎日行うなると手間がかかります。

”仕事が忙しく、毎日行う時間が取れない”といった方はオフィスホワイトニングが適しています。

理由③ ”値段が明確で比較的安価で抑えられている”

最近は住んでいる周辺の歯科医院でもホワイトニングを行っているところが多くなっています。

歯科医院のホームページなどがあり料金体系が明確になっているところはよいのですが、”ホームページがない”、”ホームページがあっても金額がわからない”といったことも多いです。

ならば、問い合わせれば良いのですが、”明確に答えてもらえるか?”といった課題もあります。

はじめからかかる金額がわからない理由として”歯の状態や歯をどのくらい白くしたいか”によって施術方法や期間がかわってくるためです。

また、金額が明確になっている各々の歯科医院でも値段はまちまちです。理由としては

・オフィスホワイトニングの種類も何種類かあり、種類によってライトなどの機材が違ってくる
・それぞれの歯科医院で働いている歯科医師、歯科衛生士の人数などで人件費が異なってくる

ことなどが挙げられます。

オフィスホワイトニングはティオンホワイトニング、ビヨンドホワイトニング、ポリリン酸ホワイトニング、FAPホワイトニングなど十数種類あります。

この中にはライトを”使用するもの・使用しないもの”があるので各歯科医院で導入されたホワイトニングの種類によって機材の初期費用などが大きく異なってきます。

また、歯科医院はチェーン展開しているところもありますが、個人経営のところが大半です。

それぞれの歯科医院で働いている方の人数が変わってきますので、保険適用外のホワイトニング料金にも人件費が反映されることになります。

そのため、ホワイトニングの値段がまちまちになるのです。

ホワイトエッセンスでは初回カウンセリングで”歯の状態確認したり、白さの希望”を聞いて、各々にあったメニューが提案されます。

それぞれの状態や希望に合ったメニューが体系化されているため、はじめから値段が明確にわかるようになっています。

そして、その値段は全国180以上の歯科医院が加盟しており使用する機材や薬剤を大量に生産できることで抑えることができています。

フリーパスの種類料金(税込)
スタンダードフリーパス 3ヶ月32500円
スタンダードフリーパス 6ヶ月42500円
プレミアフリーパス49000円

※デュアルホワイトニング:オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせたもの
※値段は種類や行う回数によって違いがでます。

理由④ ”近くの街でホワイトニングできる”

ホワイトエッセンスに加盟している歯科医院は全国47都道府県に188以上の医院があり、今でもどんどん加盟している医院が増えています。

ホワイトニング専門の審美歯科でより安価で行えるスターホワイトニングなどもありますが、都内など大都市中心にしか医院がありません。

住んでいる近くの街で全国どこでも同じメニューをうけられるのはうれしいところです。

どこにあるかはこちらから検索できます。
ホワイトエッセンス 加盟クリニック検索

理由⑤ ”空いた時間にネットで予約できる”

今は何でもスマホで完結できる時代

ホワイトエッセンスはホームページ上にてスマホひとつで近くのホワイトエッセンスに加盟している医院を簡単に予約もできるようになっています。
わからない点があれば電話での予約も出来ます。

忙しい方には移動中など空いた時間でさっとできるのもおすすめの理由の一つです。
ホワイトエッセンス オンライン予約

ホワイトエッセンスのオフィスホワイトニングの効果は4~9トーンの白さアップ

ホワイトエッセンスのオフィスホワイトニングでの1度の来院での効果は4~9段階のトーンアップです。

この白さの”トーン”にはシェードガイドという歯の色見本が使用されます。日本人の平均トーンはA3〜A3.5でA1以上のトーンになると「白くなったね」と周りの人が気付くぐらいになります。

ホワイトニングでは”A1かA2以上”のトーンを希望される方が大半です。


(シェードガイド)

オフィスホワイトニングではメニューやコースによって効果が異なり、施術回数が多いほうがその分効果は高くなります。

ホワイトエッセンス  オフィスホワイトニングのメニュー
オフィスホワイトニング プロハイパーホワイトニング
来院1回での効果平均4~6段階アップ平均7~9段階アップ
1回あたりの値段(税抜)
15000円(歯12本)
20000円(本数制限無し)
70000円(本数制限無し)

ホワイトエッセンス以外のオフィスホワイトニングの1回での効果と値段の表はこちらです。

オフィスホワイトニングの種類
ティオンオフィスオパールエッセンスブーストビヨンドZOOMブライトスマイル2ハイライトピレーネFAPホワイトニングポリリン酸ホワイトニング
来院1回での効果平均5~8段階アップ平均5~6段階アップ平均2~4段階アップ平均6~8段階アップ平均9~11段階アップ平均1~2段階アップ平均1~2段階アップ平均1~2段階アップ平均1~2段階アップ
1回あたりの値段
(歯:12~16本)
25000~50000円10000~25000円10000~30000円10000~30000円70000円10000~30000円10000~30000円10000~20000円6000~20000円

オフィスホワイトニングは使用する薬剤、ライトによって効果が変わってきます。

そして、通常は値段が高いほど効果は高くなります。

比較的安価で効果があるホワイトエッセンスのホワイトニングは”値段と効果のバランスがよいホワイトニング”と言えるでしょう。

オフィスホワイトニングのデメリットも知っておこう 白さを維持するメンテナンスは少しまめに

今まで、オフィスホワイトニングのメリットについて解説してきましたが、メリットばかりではありません。
オフィスホワイトニングのデメリットとしては以下のようなことが挙げられます。

・色戻りが早い

オフィスホワイトニングは短期間で効果が出る分、歯の色がもどるのもホームホワイトニングに比べて早いです。

その理由として、オフィスホワイトニングは短期間で行うため、ホームホワイトニングに比べて歯の内部奥深くまで成分が届きにくく、歯の内部でも比較的浅い位置にある着色物質を分解、無色化します。

浅い位置は歯の表面に近いので着色物質が浸透しやすく、その結果色戻りが早くなります。

そういったこともありオフィスホワイトニング後はホームホワイトニングを行い、歯の白さをキープする”デュアルホワイトニング”を選択される方も多くいます。

・値段がホームホワイトニングよりやや高め

理由として、先に説明したように歯科医院でのオフィスホワイトニングは機材(ライト)や人件費がかかり、マウスピースと薬剤(ジェル)だけで済むホームホワイトニングより高くなるためです。

値段を優先して考える場合はホームホワイトニングを選ぶことになります。

「歯がしみる、痛い」などは大丈夫?

オフィスホワイトニングは高濃度の薬剤(ジェル)を使用することが多いため、低濃度のホームホワイトニングに比べ、しみやすくなります。

但し、歯科医院で行うため、しみ止め(知覚過敏抑制剤)による施術前のしみ・痛みの予防や施術中に痛みがおきてしまった場合も対処がしやすいため、実はオフィスホワイトニングがよい面もあります。

しみ・痛みの可能性は歯の状態によるところも大きいので、濃度が低いホームホワイトニングでも起こる可能性はあります。

ホワイトニング 他の注意点

・ホワイトニング直後30分は色の濃い飲食・喫煙を避ける

オフィス・ホームに限らずホワイトニング直後は歯の表面のペリクルという膜がはがれている為、色を吸収しやすくなっています。
そのため、ホワイトエッセンスでは”直後30分は色の濃い食べ物(カレーやトマト系パスタ、チョコレートなど)、飲み物(コーラ、コーヒー、紅茶など)や喫煙は避けましょう”と記載されています。

どうしても飲食しなければいけない場合は飲み物は”ストローで飲む”、”食事後すぐ口をすすぐ”などである程度色が付くことを避けましょう。

・虫歯や歯周病があると治療が先になる場合も 
虫歯がある場合、その箇所から薬剤が歯の内部に浸透し、しみ・痛みがでやすくなります。

通常は治療を先に行ってからホワイトニングを開始しますが、詰め物の色が合わせにくくなるため場合によってはその箇所に薬剤がいかないよう保護しながら、ホワイトニングを行い、その色にあわせて治療、詰め物を行うこともあります。

また、歯周病は細菌により歯ぐきが炎症を起こし、さらには支えている骨が溶けて、最後には歯が抜けてしまう病気です。

歯周病で歯の象牙質の根元部分が見えてしまっているとそこから薬剤が浸透し、しみ・痛みが起こりやすくなります。一般的には歯周病治療を先に行いますが、知覚過敏抑制剤などを使用してホワイトニングを行う場合もあります。

・歯の変色によっては効果がない場合、効果が薄い場合もある

歯の形成不全による、歯の神経がないことによる、子供の頃の抗生物質(テトラサイクリン)服用による、むし歯によるなど歯の変色の要因によって、効果がないまたは効果があまり出ない場合があります。

カウンセリングによって効果あるか、ないかがわかりますので、ホワイトエッセンスでのしっかり時間をかけて行う初回カウンセリングは重要です。

・光に対して敏感に反応してしまう症状をお持ちの方はライトを使わないホームホワイトニングを

膠原病(膠原病)、光過敏症といった症状をお持ちの方は、ライトをもちいるオフィスホワイトニングができません。カウンセリングで相談し、ホームホワイトニングを選択しましょう。

ホワイトエッセンス ”勧誘”とかあると聞くけど・・・・

ホワイトエッセンスは全国展開しています。より多くのお客さんがきてくれればそれだけお客さんに安く提供することも可能です。

また、一般の保険適用の治療をメインとした歯科でなく審美歯科です。いわばエステや美容院と同じようにお客さんに”審美”を提供するサービス業です。お客さんに最もあったメニュー(サービス)をお勧めするのは当然と言えるのかもしれません。

”メニューやコースが合わない”と思った時は、他の勧誘同様、お断りしましょう。

おわりに

ここでは、時間がなかなかとれない忙しいビジネスマンの方に向けホワイトエッセンスのオフィスホワイトニングがおすすめの理由を説明してきました。

仕事に責任があり、忙しく時間が取れないが”見た目にも気をくばる”、そんな30〜40代のビジネスマンの方にとって、ホワイトエッセンスのオフィスホワイトニングは最適です。

もし、”白い歯を見せて笑っている自分”を想像したら、ホワイトニングを検討してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました