WEBでは得られない情報も ホワイトエッセンスのカウンセリング実体験レポ

ホワイトエッセンス

群馬県に住む40代の会社員です

1年ほど前、テレビCMを観たことで”ホワイトエッセンス”というホワイトニング専門の歯科があることをしり、一度行ってみたいと思っていました。

そのころから「歯の色が黄色いな」「アメリカでは歯を白くするのが進んでいる」という情報もあり、白くしたいなと考えるようになりました。

ネットで検索してホワイトエッセンスのWEBサイトから最寄りのホワイトエッセンスをしている歯医者さんを予約
(といってもわたしが住んでいる市にはなかったので高崎市にある”柳沢歯科”という歯医者さん)

はじめての場所でしたので早めに出発して、15分ぐらい前に歯医者さんに到着しました

その歯医者さんは出入り口からホワイトニングと一般治療と違っていました。

なので、治療の患者さんや歯医者さんと会うことはありませんでした。

入ってみると前のお客さんはいませんでした。

カウンセリング時間が少し長引いても大丈夫なようにしているのだと思います。

1.待合室での流れ

待合室で以下の内容を記入

①-1 はじめにコロナ対応の用紙を記入、署名
(熱はないか、14日間いないに海外渡航歴はなど・・・・)

①-2 ホワイトエッセンスの同意書の項目をチェックし、署名
内容はクーリングオフなどの内容だっとおもいます(若干うる覚えですが)

①-3 ホワイトエッセンス施術に関する説明をタブレットで確認し、電子サインで署名

・人によって効果に差がある

・しみ・痛みが出る場合があるが一時的などの施術に関する情報が記載されていました。

(ホワイトニング同意書)

2.その後、歯のチェックへ

その後、実際に歯のチェックや施術をしてもらう部屋へ案内されました

4畳半ぐらいの個室です。


メッセージカードもあり、快適に過ごせる空間作りがされていました。

情報の通り、リラックスできる歯医者さんらしくない落ち着いた雰囲気

まずは予約時に記入したWEB問診票でのカウンセリング

・なぜホワイトニングをしようと考えたのか

・周りの人で行っている人はいるか

・歯の色が気になったのでいつ頃ですか

などのアンケートを取り、今後のお客さんに活かせしていくような内容でした。

一辺倒でなく、時折「何がご質問はございませんか」など体系化されたホスピタリティが感じられました。

やっぱりフランチャイズ展開はこういう点がしっかりしていますね。

違う店舗に行って「対応が違う」では信用を失いますし。

続いて、歯の状態を見てもらいます

エステのようにタオルで目や口まわりを多い、お腹にも優しくタオルをかけてくれました。

担当の歯科衛生士さんが上下の歯の状態をチェック

チェックの結果は

・ホワイトニングには問題がない(しみたりなど)

・詰め物が多いのでそこは後で色が変わらないこと

・詰め物が多い歯について神経治療(つまり神経がないか)

などでした。

白くならないところを明確に伝えてくれているのですね。

その後は歯のホワイトニングを説明を先ほどタブレットでみた内容よりしっかり説明いただきました。

オフィスホワイトニングが早く白くなる理由
(エナメル質表面に近い着色物質を落とす、すりガラス効果で白くする)

ホームホワイトニングの仕組み
(じっくり浸透し、本来からある象牙質の黄ばみを落とす)

といった内容がインターネット上には出てこない説明で驚きました。

すりガラス効果は以前のホワイトニングと思っていたので・・・・

(詳細はNGとのことでモザイクです)

それから歯の色の説明、シェードガイドを照らし合わせながら丁寧に行ってもらいました。

私の前歯は日本人平均のA3,犬歯はB4とちょっと色が濃いという説明

客観的に見てもらうと自分の色がわかるのでよかったです。
(”平均より全体的に色が濃いかな”と思っていたので、平均だったことに少し驚き)

着色の原因は私の場合、

表面の汚れ:3割

歯そのものの色:7割

とのことでした。

表面の汚れは”茶渋”とのことで、「お茶は結構飲まれますか」と聞かれたので、「お茶も飲みますが、コーヒーの方がよく飲みます」と回答。

私としてはコーヒーの着色の方が多いのかなと思っていたので以外でした。

人によるのですが、茶渋は着色しやすいのかもです。

続いてはタブレットでの色見本 ”シェードシュミレーション”

”このぐらいの白さになったらどうなるか”をタブレットでシュミレーションしてもらいました。

相談した結果、BL2、BL3を目指すことに。
(奥の銀歯はホワイトニング後の色に合わせてセラミックかなと)

インターネット上の情報では通常はA1、A2を希望する人が多いとあったのでその白さと思っていたら、ホワイトエッセンスではBL2、BL3の希望が多いとのこと

これもカウンセリングを受けてみないと分からない情報でした。

(ホワイトエッセンスのシェードガイド)

要するに通常の歯医者さんではシェードガイドがB1までのものが多いので、それが”最高基準”になってしまっているのだとか。

(シェードガイド)

あらためてシェードガイドでみるとA1、A2ってそれほど”白い”という色ではないんですよね。

そして、その色(BL2、BL3)はわたしの場合、「デュアルホワイトニングかホームホワイトニングのどちらかだと思います」と提案されました。

もともとホームホワイトニングでと思っていたのでホームを選びましたが、「その白さになるまで約1年は見ておいたほうがよい」とのことでした。

長いですが、ホームホワイトニングは継続的に行えばW2、W3といった芸能人の方に近い白さになるという予備知識があったので納得しての選択です。

また、今回聞いた”オフィスホワイトニングのスリガラス効果

歯の再石灰化は継続的に行われているので、オフィスホワイトニングはこのスリガラス効果は限定的のだと思いました。

そのことは象牙質の着色からじっくり落としていくホームホワイトニングを選ぶポイントにもなりました。

ちなみにデュアルにする「半年くらいでBL2、BL3の白さになります」とのこと。

ホームホワイトニングの費用は15,000円のホームホワイトニングスターターキットからで、マウスピースとジェル2本のセットです。

また、色戻りをなるべく遅くしたいと希望もあったこともホームにした理由のひとつです。

ホワイトニング方法が決まったら、ホームホワイトニング用のマウスピースの型取りです。

口のサイズにあう空のトレイを確認、サイズ的に問題なければ、樹脂をもってそれを上下とも数分ずつかみ合わせです。

ここでほぼメニューが終了

あとはいろんな知りたい質問をしてみました。

今は男性も多いのですか?

はじめた頃は女性が圧倒的でしたけど、今は5:5ですね、うちのホワイトニングは

また、男性はエナメル質が厚いので女性より白くなりにくく時間がかかるとのことでした。

もう1点、加齢によって黄色くなる原因はエナメル質が薄くなり、逆に象牙質が増えて、歯の全体バランスをキープしているためとのこと

これも初めて聞いた内容でした。

そういうこともあって、私は”1年ほどかかる”ということなのでしょうね。

しみや痛みがでる人は何割くらいですか

およそ、1-2割です。ただ、多くは正しい使い方をしていない方です。決められた時間以上に行っているとか。ご説明通りをやっていただければほとんど大丈夫ですね

ちょっと、”しみやすいかな~”と思っていたので、この言葉は安心材料になりました。多くのお客さんも見てきた歯科衛生士さんの経験なので。

年齢層はどういった感じですか

20~50代まで幅広いです。先日は70代もいらっしゃいました。未成年のかたも結構きますよ

15歳以上の未成年は親の同意書があればできるのでそれを持って結構くるとのことです。

インスタ、ユーチューブなどで他の人の歯の白さをみてるとやっぱり「やってみたい」と思うのかなと思いました。

最後に次回の受け取りとクリーニングを予約

3割が表面汚れなので、それをしっかり落としてもらってからホームホワイトニング開始ということです。

(そう、表面汚れはどうするんだろうと思っていたので、次回ですね)

お客さんと時間をかけてじっくり向き合っておこなうこともあり、予約はとりずらいようです。

次回は1カ月後、やっぱり土曜は一番取りにくいとのことです。

最後に会員証や同意書の紙、本日聞いたホワイトエッセンスのホワイトニングなど内容が入った冊子などをいただきました。

冊子は加齢による黄ばみの原因やオフィスとホームホワイトニングの違いなど、説明を受けた内容の記載があり、より理解できました。

初回のカウンセリングは約1時間ちょっとで終了。

やっぱり、

・実際行ってみないとわからないことがあること

・ホワイトニング専門で全国展開しているので、ホワイトニングの観点では一般歯科の1歩先をいっている

・審美歯科なので、お客さんが快適に行えるようにホスピタリティが充実している

と感じました。

料金体系もとても明確なのでいくら費用がかかるかもはっきりわかるし、これで実際にやってみて不都合(多少のしみ・痛みは仕方ないですが)がでなければホワイトニングするうえではベストな選択だったのかなと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました